適切な賠償金とは

基本的に保険会社が提示する賠償金は適切なものではありません。これはあくまでも保険会社の都合上での賠償金額であるという認識を持った方が良いでしょう。自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準という3つの賠償金の基準がある中で、自賠責基準と任意保険基準の場合はあくまでも最低限のものです。これが弁護士基準となると実際に行われた裁判例などに基づいて決められており、適切な賠償金となります。とはいっても、保険会社が提示する賠償金は安いものではないからこそ、これで良いかと思って示談成立させてしまう方も少なくありません。

賠償金後になって弁護士に依頼をしての対応をしておけば良かったと嘆く方は多数いるのが事実です。加害者や保険会社の対応は間違いなく誠意あるものでしょう。ただ、本心とは全く異なるもので、示談成立を狙ってのものである認識を持つべきです。

保険会社の示談交渉担当員はプロフェッショナルであるのは間違いありません。示談を成立させる上でコツも対応法も熟知しています。相手のペースで進めてしまうのは大きなリスクがあるからこそ、専門家である弁護士に依頼しての対応を念頭に置いた方が良いでしょう。双方の合意ないと成立しないものの、あの手この手で成立させてきます。

症状固定後が適切

弁護士に依頼するかどうかを別にしても、加害者や加害者の保険会社との示談交渉を行うのなら、症状固定後が適切です。症状固定とは仮に何かしらの後遺症が残ったとしても、これ以上治療しても回復の見込みがないという時点となります。治療中に示談交渉を行って、示談が成立した後にもしもさらに治療が必要であると発覚した場合、示談が成立したからこそ被害者本人が対応しないといけなくなります。当然ながら、加害者や加害者の保険会社はこの点を理解しているからこそ、いち早く示談を成立させようとするのが基本です。

治療によって完治すれば,それがもっとも望ましいのですが,あるときを境にいくら治療を続けても痛みがそれほど変わらないなど,大した効果が感じられなくなってしまうことがあります。このような状態を「症状固定」と呼びます。

弁護士被害者の方からすれば長引いてしまうのを懸念する部分もあるでしょう。この心情も加害者や加害者の保険会社は理解しています。一概にはいえないものの、何から何までプロフェッショナルの方が上です。どういった対応をすべきかを理解している側とそうでない側の差は非常に大きいといえます。だからこそ、弁護士に依頼しての対応が望ましいです。

弁護士に全てを任せられて、その上で適切な対応をしてくれます。また、治療に専念ができるという部分も大きいといえるでしょう。被害者の方だけで対応してしまうと、加害者や加害者の保険会社の思うつぼといっても過言ではありません。

適切な賠償金とは

示談交渉の重要性

交通事故いざ交通事故に遭った場合、加害者や保険会社との示談交渉を行う必要があります。この示談交渉が非常に重要になるのはいうまでもないでしょう。まず問題となるのはいつ示談交渉をスタートさせるべきかという点です。これは事故の状況や被害状況によって異なり、適切なタイミングを選択しないといけません。基本となるのは焦らずに対応することです。ただ、保険会社はいち早く示談交渉をしようとしてきます。これは示談を成立させれば、その後に治療が必要になった場合にしても、被害者本人が対応しないといけません。そして、加害者の方の立場も関係しています。示談が成立するかどうかで罪が重くなるかどうかは変わっていくため、いち早く示談成立を狙いにいくものです。

加害者や加害者の保険会社は被害者の方に対して誠心誠意な対応をするものの、これは裏側に確かな狙いがあるからです。被害者の方からすれば長引いてしまうのは本意ではないから、示談に応じようと考える部分もあるでしょう。ただ、これが後に大きな後悔に繋がってしまうケースは少なくありません。被害者の方本人が示談交渉を行うよりも、間違いなく弁護士に依頼しての対応の方が良い結果を生み出します。

当サイトで加害者や加害者の保険会社との示談交渉にはたくさんの危険がある点について解説しています。そして、弁護士に依頼しての対応がなぜ望ましいのかという点も解説しているため、該当される方はぜひ参考にしてください。

症状固定後が適切