適切な賠償金とは

基本的に保険会社が提示する賠償金は適切なものではありません。これはあくまでも保険会社の都合上での賠償金額であるという認識を持った方が良いでしょう。自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準という3つの賠償金の基準がある中で、自賠責基準と任意保険基準の場合はあくまでも最低限のものです。これが弁護士基準となると実際に行われた裁判例などに基づいて決められており、適切な賠償金となります。とはいっても、保険会社が提示する賠償金は安いものではないからこそ、これで良いかと思って示談成立させてしまう方も少なくありません。

賠償金後になって弁護士に依頼をしての対応をしておけば良かったと嘆く方は多数いるのが事実です。加害者や保険会社の対応は間違いなく誠意あるものでしょう。ただ、本心とは全く異なるもので、示談成立を狙ってのものである認識を持つべきです。

保険会社の示談交渉担当員はプロフェッショナルであるのは間違いありません。示談を成立させる上でコツも対応法も熟知しています。相手のペースで進めてしまうのは大きなリスクがあるからこそ、専門家である弁護士に依頼しての対応を念頭に置いた方が良いでしょう。双方の合意ないと成立しないものの、あの手この手で成立させてきます。