示談交渉の重要性

交通事故いざ交通事故に遭った場合、加害者や保険会社との示談交渉を行う必要があります。この示談交渉が非常に重要になるのはいうまでもないでしょう。まず問題となるのはいつ示談交渉をスタートさせるべきかという点です。これは事故の状況や被害状況によって異なり、適切なタイミングを選択しないといけません。基本となるのは焦らずに対応することです。ただ、保険会社はいち早く示談交渉をしようとしてきます。これは示談を成立させれば、その後に治療が必要になった場合にしても、被害者本人が対応しないといけません。そして、加害者の方の立場も関係しています。示談が成立するかどうかで罪が重くなるかどうかは変わっていくため、いち早く示談成立を狙いにいくものです。

加害者や加害者の保険会社は被害者の方に対して誠心誠意な対応をするものの、これは裏側に確かな狙いがあるからです。被害者の方からすれば長引いてしまうのは本意ではないから、示談に応じようと考える部分もあるでしょう。ただ、これが後に大きな後悔に繋がってしまうケースは少なくありません。被害者の方本人が示談交渉を行うよりも、間違いなく弁護士に依頼しての対応の方が良い結果を生み出します。

当サイトで加害者や加害者の保険会社との示談交渉にはたくさんの危険がある点について解説しています。そして、弁護士に依頼しての対応がなぜ望ましいのかという点も解説しているため、該当される方はぜひ参考にしてください。

症状固定後が適切